これぞ業者の業【いろいろな雨漏り調査方法の具体的内容】

雨水が家の中まで入り込んでいるときは調査をして原因特定へ

サッシから雨漏りしている~的確な判断をするなら調査に来てもらおう~

雨漏り調査や雨漏り修理を行なっている業者は、いろいろな方法で雨漏り調査を実施しています。具体的にどのようなやり方で調査をしているのか見てみましょう。

業者で行なっている雨漏り調査方法

目視調査
文字通り目で雨漏りの原因箇所を調べる方法で、現在多くの業者が現地調査でこの方法を行なっています。雨が降った後に、雨水の濡れ方がおかしい部分を中心に原因箇所を探ります。サッシ部分のような比較的調べやすい部分はもちろん、屋根裏に入って調査を行なうこともあります。
散水調査
雨漏り調査方法の1つである散水調査は、雨が降っていないときに対象の建物に水をかけ、どこから水が浸入しているのか確かめる方法のことを言います。一見誰にでもできる方法に聞こえますが、ちょっとしたコツや経験を必要とする決して簡単ではない調査方法でもあります。
発光液
専用の調査液を雨漏りが起きている場所一帯に散布し、室内から紫外線を当てて雨漏りの原因箇所を調べる方法です。なぜそれだけで原因箇所を突き止められるのかと言うと、この調査液は紫外線に当たると青白く発光する性質を持っているからです。人の体に付着しても全く問題の無い液体なので、安全面の上でも一切問題ありません。

家を傷つけずに調査できる雨漏り調査法とは?

「雨漏りをしている場所を確実に見つけることができる」と話題の方法が、この赤外線サーモグラフィーを使った調査方法です。対象の建物に赤外線サーモグラフィーを当て、変色した部分を確認しながら雨漏りしている場所を突き止めるというもので、建物に何の影響を与えることなく楽に原因箇所を調べることができます。ただ、他の調査方法に比べ費用が高くつくという懸念点があります。

TOPボタン