とても怖い雨漏りトラブル~雨漏り調査を行なってすぐに対処を~

雨水が家の中まで入り込んでいるときは調査をして原因特定へ

雨漏りは放置しちゃダメ~考えられるトラブル~

雨漏りによって起きるトラブル

家にダメージを与える
雨漏りが起きる場所は、主にサッシや外壁、屋根などです。これらの場所を含め、雨漏りの原因箇所となる場所は、雨が降る度にそこやその周辺を濡らしてしまいます。それによりどうなるかと言うと、ずばり腐っていってしまうのです。腐ってしまった場所が例えば家を支える柱であった場合、強度が一気に落ち、地震をはじめとした自然災害時に家が倒壊してしまうことも十分考えられます。
シロアリに狙われる
家屋の天敵とも言える害虫・シロアリ。このシロアリが好む場所は、湿気が多いところです。つまり雨漏りの原因箇所や、雨水が落ちて水分が溜まったところなどは、シロアリにとって絶好の棲家となり得るのです。シロアリは雑食性の虫なので、木材を中心にいろいろな場所に食害を与えてきます。非常に怖い虫なのです。
健康に害を与えてしまう
雨漏りによって、カビが発生することもあります。カビは衛生面だけでなく、人体にも大きな悪影響を及ぼします。その代表例がアレルギー感染症の発生です。また、カビをエサとするダニを増やしたり、木材や衣類、食品などを腐らせてしまうこともあります。

サッシから雨漏りしている原因を調査してみよう

サッシは雨漏りの原因箇所となりやすい場所の1つです。では、なぜサッシから雨漏りが発生するのでしょうか。その原因を見てみましょう。

雨漏りしている原因を調査

コーキングが切れている
サッシを外壁とくっつけているコーキングが切れていると、その隙間から雨水が浸入することがあります。
外壁の亀裂
サッシがある場所の外壁に亀裂が入っていると、そこから雨水が浸入し、それにより雨漏りが発生します。1cmでも亀裂が入っているだけで雨水は入り込んできます。サッシの周辺でなく、サッシから結構離れた上方の外壁に亀裂が入っていた場合、外壁をつたって最終的にサッシ部分に雨水が溜まってしまうこともあります。
TOPボタン